化粧品負けの原因と対策~荒れやすい女性がヒント

肌荒れは本当に化粧品が原因?

【症状】目の周りや額、顎・翌日ひどく痒み

28歳

普段あまり化粧をせず、しても大体日焼け止め入りのBBクリームを塗る程度だったのですが、結婚式の際に教わりながら自分でメイクをし、肌を作って目の周りも濃い目にフルメイクし、それが肌に合わなかった様子で翌日には肌荒れを起こしました。

【症状】目の周り・かゆみと赤み

30代後半

特に肌の薄い部分で起こりやすいのですが、今まで問題なく使用できていた化粧品も、乾燥がひどい日、もしくは逆に湿度が高い日など季節の変わり目なので、赤くなり痒みが出てしまいます。また、気温や湿度が変わらなくても次に日、化粧品に反応してしまう事があり、自分でも不思議です。

【症状】顔全体・赤くなりひりひり

30代

以前使っていた化粧品が、扱われていなかったので、にているシリーズを買いました。すると、使い初めて3日目くらいから、肌につけたときに肌にしみるようになりました。その後も様子を見ていましたが、やはり肌負けしたようです。

【症状】口元、目の周り、鼻の周り・赤くカサカサ、ヒリヒリ痛み

39歳

新しい化粧品を使い始めたその日に肌荒れが起こりました。肌荒れが起こりやすく、使える化粧品が限られているのですが、化粧品で肌トラブルになる場合は、新しい化粧品を着けた瞬間から肌に違和感を感じます。今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることはほとんどありません。

【症状】顔と体全体・うっすら赤くなりひどい痒み

31歳

それまで化粧品で肌荒れすることはありませんでしたが、出産後体質が変わったのか今まで使用していた化粧品で急に痒みが出るようになりました。化粧品を肌にのせてしばらくすると我慢できないような痒みが出てきます。顔をかきむしるわけにはいかないので洗い流すと痒みはなくなります。

【症状】目の周り・吹き出物と赤み

42歳

いつも使用しているメーカーの別なラインに変えた時に症状が出ました。普段、使用しているメーカーなので安心していました。変更を考え、一度、取り寄せたのですが、一度、使用すると上記の症状が出ました。

【症状】唇、ほほ、目の周・赤み

40代

海外製のコスメで、どうしても使用したいものがありましたので、まずはローションを購入してみました。色々とラインナップがあり、敏感肌用のを選んだのですが、夜にお肌につけるなり何か違和感を感じました。朝には顔全体が赤くなっていて、すぐに使用を差し止めました。

【症状】顔全体、特に頬からあご・粉吹き

42歳

それまで使っていたパウダータイプのファンデーションからリキッドタイプのファンデーションに変えた時、つけた瞬間から肌がムズムズして息苦しさのようなものを感じました。しかし仕上がり具合は気に入っていたので使い続けていたところ、1週間後くらいからもともと乾燥がちだった肌がさらに乾燥するようになりました。

【症状】目の周辺、特に上まぶた・かぶれ

40代

広告で見た自然派化粧品がよさそうだったので、洗顔石鹸やクリームなどの基本の化粧品が入ったお試しセットを注文しました。使い始めて4日目くらいの朝に、上まぶたを中心に目の周りが赤くかぶれているのに気付いてビックリしました。

【症状】両ほほ・湿疹

40代

新しい化粧品に変えてからしばらくたってから急に肌に細かい痒みの強い湿疹ができました。期間にすると、新しいものを使い出してから10日ぐらいだったと思います。朝起きたら顔が痒かったので鏡を見たら赤くブツブツがたくさんできているのに気付きました。

絶対に問題ない!と思っていたケアが原因かも

化粧品負けはいきなりなるというより、実はそれまでのスキンケアの問題が蓄積しており、何かをきっかけに発動するものです。

特に女性の場合、良かれと思ってやっていることが、実は知らない間に肌にダメージを与えているということが目立ちます。

例えば保湿パックです。

保湿成分をたっぷりと肌に乗せるということなので、肌にとってもいいし、決して悪いことではないと思うでしょう。でも意外とそれがダメなんです。

理由について:http://保湿パック.net/

保湿成分というのは、それ自体に毒性はないものの、化粧品として含まれる他の成分に毒性があることが多い。そして、シートによる肌への刺激が馬鹿にできない。さらに、長時間使うことで逆に肌の水分がシートに奪われる逆転現象が起きうるということです。

つまり、この保湿パックのように、絶対に肌にいい、やればやるほどいいと思っていることが知らない間にダメージとなり、何かのきっかけで肌トラブルが引き起こされる…

そういうことが結構あるということなんですね。

皮膚科の化粧品なら荒れない?

化粧品負けを起こしてひどいことになると、普通は皮膚科に行きますよね。まあ行かない人もいますけど。

そこで気になった人もいるのでは?

皮膚科の化粧品なら肌が負けるなんてことないのでは?と。

でも皮膚科で化粧品なんかもらえたっけ?という疑問に対しての答えがこちら(http://皮膚科の化粧水.com/)。

女性は何かと化粧水が好き。なので化粧水を基準に書いてありますね。

そもそも化粧水というジャンルでは「処方」はしてもらえないようです。ヘパリン類似物質という潤い力が強いローションがそれに近いようです。

では市販の化粧水とそんなに違うのか?というと、構成成分が少なくて肌荒れしそうな成分を抑えているのが分かります。

基本的に違いはそんな程度。だから期待しているほど皮膚科の化粧水って別に特段すごいわけでもないんですね。

あと、NOVとか皮膚科窓口で販売や案内をしているブランドがありますよね。ああいったブランドは、処方薬ではありませんがかなり肌に優しいタイプ。化粧品負けのリスクがかなり少ないようなので、肌質がどうにも弱い人はそのブランドを使ってみては?

このエントリーをはてなブックマークに追加